国見の森セラピーロード

山の上から見渡す世界

国見の森ロードは山頂に展望台があり、そこから宍粟市山崎町を一望できます。
また天気の良い日は瀬戸内海の家島まで見ることができます。開けた世界に爽快な気持ちにさせてくれる展望台。
通り抜ける風に心まで清々しい気持ちにさせてくれます。
「ヤッホー」と大きな声で発散したり、ベンチに座って筋弛緩法で身体の筋肉を緩めるプログラムなどを行うことがあります。

ウッドチップでふわふわ

もみじのトンネルで木漏れ日がさす小道より、ウッドチップが敷かれています。
柔らかな歩き心地、ガイドの言葉に集中し足裏に神経を巡らせてみれば、いろんな発見があります。日頃固いアスファルトの上を歩くのとはまた違った世界を発見できることでしょう。
また、東屋付近には誰かが置いていった森のエビフライにも出会えるかもしれませんよ。
高低差がございますので、なるべくスニーカーや登山用の靴を忘れず履いてきてください。

国見の森セラピーロード
コースデータ

ロード長

2,300

高低差

42

平均斜度

6

森林セラピー受講スケジュール
国見の森セラピーロード・基本コース

9:00国見の森公園、交流館に集合・受付
9:20移動(ミニモノレール)
9:40国見の森セラピーロード着
ストレス測定
セラピープログラム
ストレス測定
12:40移動 (ミニモノレール)
13:00山麓駅着・解散